ロゴ main call


パワーストーンの力を活かすには、まず浄化する事が必要です。

石があなたの手元にやってくるまでは多くの人や場所を経ており、その間に不要なエネルギーを受けてしまっている可能性があります。

石を手に入れたら本来その石が持っているパワーを最大限、引き出せるように、
まっさらな状態に戻してあげる事が必要です。


あなたの手元にやってきた石はあなたの願いを叶えるために働いてくれます。

時には身代わりとなって持ち主を守ってくれる石もあります。

他人に触れられて雑念が入ってしまった時。または、なんとなく嫌な感じがする場所に行った時なども、リセットしクリアな状態に戻してあげなければいけません。

いくらパワフルな人間であっても24時間働き続ける事が無理なように、石も休ませてあげる事が必要なのです。浄化は走りっぱなしの石たちが休める大切な時間と思ってください。

 

・9つの浄化方法

  



水晶にはあらゆるものを清め、浄化する力があります。

物質や非物質を問わず優れた浄化力を持つ水晶の原石(クラスター)の上にパワーストーンを置く方法は、どんな石にも対応出来る浄化法です。寝る前から翌朝目覚めるまでがベストなタイミング。

それでも重く感じる時は丸1日以上水晶クラスターの上に置いて浄化してください。

 





平らなお皿に水晶のさざれを敷き詰め、その上に石をのせます。

さざれ石は透明度の高いものの方が効果があるとされています。
 

 





月のパワーのアップする新月から満月までの月光、特に満月の夜に当てると効果的です。

直接月光が当たらなくても良いので、窓際などに一晩置いてください。

月のオーラの高い波動がパワーストーンと共鳴して浄化してくれます。

出来れば曇っていない晴れた夜が良いでしょう。

◎月光と相性の良い石
ムーンストーン、ギベオン、モルダバイトなど

 





煙による浄化は、ネイティブアメリカンの神聖な儀式の前にその場所を清める為に使われる浄化方法です。

ハーブの一種であるホワイトセージの葉を乾燥させたものを使います。

セージの葉に火をつけ部屋の四隅を回り、まず空間を浄化させます。

その後、パワーストーンに煙を2〜3回くぐらせましょう。

この浄化方法はあらゆる石の浄化に適しています。

 





出来れば自然の湧水を使うのが理想的ですが、無理な場合は水道水で洗浄します。

蛇口を少し開いて少量の水が流れるようにして30分程さらしてください。

その後、水分は柔らかい布などで丁寧に拭き取ってください。

×注意が必要な石
インカローズ、エンジェライト、マカライト、ヘマタイト、ラピスラズリ、ターコイズ、カルサイト、アジュライト
 

 




浄化やエネルギーチャージに強力な効果があります。

太陽光が直接当たらなくても構いませんので、日差しの入る明るい部屋に置いてください。

ただし、紫外線による退色、劣化の心配がありますので、太陽光に当てる場合は午前中の光に10分〜1時間程度当てて、長時間の浄化は避けて下さい。

×注意が必要な石
インカローズ、アメジスト、クンツァイト、ローズクォーク、アメトリン、ラリマー、フローライト、エメラルド、オパールなど

 





食卓塩ではない天然の塩(粗塩)やローズソルトを陽気に敷き詰めて、半日〜1日石を埋めて休ませます。

その後、綺麗な流水で十分すすいでから柔らかい布で丁寧に拭き取ってください。

邪気が籠っているので使用した塩は処分しましょう。

海水は使わないようにしてください。

×注意が必要な石
アンバー、スギライト、フローライト、マカライト、セレナイト、ヘマタイト、ラピスラズリ、ターコイズ、オパール、ソーダライト、カルサイト、サンストーン、パイライト、クリソコラなど
 

 





太陽光や水洗浄などで浄化出来ない石でも、水晶の波動を音叉によって拡大増幅し、音として直接対象物に与えるやり方なら、石の種類にこだわらずに使用出来ます。

クリスタルチューナー(音叉で水晶ポイントを鳴らすもの)は4096ヘルツの高周波を出し、エンジェルゲート(天使界の入口)を開く音と言われています。

片手でチューナーを、もう片手で水晶を持ち、その先端をパワーストーンに向け、そのままチューナーで軽く水晶の側面を叩いて音を出します。

音が鳴ったら円を描くようにチューナーを動かし波動を増幅させます。

こうする事で、水晶のパワーストーンにエネルギーが送られ浄化する事が出来ます。

 





植物は二酸化炭素を吸い取って綺麗な空気に変えます。

いわば天然の空気清浄機です。

パワーストーンを根元に置いておく事で、石が受けたマイナスエネルギーをプラスに変えてくれます。

ピックアップコラム

新着・特集商品

ロングバナーの説明文

グループから探す