ロゴ main call

人気の石から選んでみよう!はじめてのパワーストーン


パワーストーンにはたくさんの種類があります。
はじめてパワーストーンを持ってみようかなと思った時、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますね。

ではまず、人気の石をご紹介していきましょう。

水晶(クォーツ)


水晶は、透明で純粋な美しさで見るものすべてを癒し、清らかな心へと導く万能石と言われています。
その美しい見た目や癒し効果から、一般的に人気の石です。
 

アメシスト


アメシストは、マイナスエネルギーを浄化し希望の光で心を満たしてくれる石。
透明感のある紫色で落ち着いた色味で、老若男女から人気の石です。

オニキス

オニキスは、強力な魔除けの力がある邪気払いのパワーストーンとして有名です。

シーンを選ばないブラックカラーで、アクセサリーとして使われることが最も多い石でもあります。

アクアマリン


アクアマリンは、永遠の若さと人生の光、「幸せな結婚」を象徴する石と言われています。
海を連想するキレイなブルーは、見ているだけで心を安らかにしてくれます。

ローズクォーツ


ローズクォーツは、愛の女神から名づけられた恋愛運を高める代表的なパワーストーンと言われています。
可愛らしさを象徴するような綺麗なピンク色が、女性たちからとても人気の石です。



それではここから、この人気の石を使ったオススメのブレスレットを紹介していきましょう。

水晶(クォーツ)

クォーツに、オーラクォーツを合わせた、このデザイン。

オーラクォーツは持ち主のオーラを清め、人間関係をスムーズにし、心身のエネルギーを活性化する効果があります。

また、持ち主の潜在能力を引き出し、全体的な運を高める効果があるので、普段から身に着けておくお守りとしてお勧めです。

クォーツと合わせる事で、持ち主のオーラを清め、潜在能力を引き出し、幸運をもたらしてくれる効果があります。

また、4月の誕生石でもあるので、4月生まれの方にもオススメです。

このブレスレットは【全体運】としての効果があります。
 

アメシスト


アメシストに、サファイヤ、シリトン、ルチルinクォーツを合わせたこのデザイン。

サファイアは冷静な思考力と判断力を高め、組織やチームの礎を固めます。
それに加え、シトリンは積極性を与え、希望や勇気等の明るいエネルギーを呼び込みます。
ルチルinクォーツは集中力を高め、精神力を強化します。

これらをアメシストと合わせる事により、目標を貫徹する意思を持ち、知性と洞察力を高め、強力な仕事運をもたらします。

このブレスレットは、【仕事運】に効果があります。

オニキス

オニキスに、ラピスラズリ&天眼石を合わせたこのデザイン。


ラピスラズリは邪気を祓い、洞察力と決断力を養います。
天眼石が災難から身を守り、周りに流されない心を育てます。
オニキスと合わせる事により、災いを祓い、幸運を呼び込む効果があります。

このブレスレットは、【魔除け・厄除け】に効果があります。
 

アクアマリン

アクアマリンに、モルガナイトとクォーツを合わせたこのデザイン。

モルガナイトは精神的安定感を高め、何事にもとらわれない柔軟な心を鍛えます。
クォーツと、アクアマリンを合わせる事で、精神的な安定感を高めて、 周りの人に対しても優しく穏やかな気持ちで接することができる効果があります。
何事にもとらわれない柔軟な心を持ちたい方におすすめです。

このブレスレットは、【結婚運】に効果があります。

ローズクォーツ

ローズクォーツに、ロードクロサイトと、ムーンストーンを合わせたこのデザイン。

ロードクロサイトはバラ色の人生を象徴する最高の愛の石と言われています。
ムーンストーンは永遠の若さと永遠の愛を象徴する、非常にロマンティックなクリスタルです。
ローズクォーツと合わせる事で、自分に自信を持たせ、恋愛に積極的になれる効果があります

このブレスレットは、【恋愛成就】に効果があります。
 

おわりに

今回は人気の石と、それを使ったオススメデザインのブレスレットをご紹介いたしました。
初めてのパワーストーンは、色やデザインなど、インスピレーションを大切にして決めても良し、じっくり効果から選んでも良し。
どちらもきっと出会うべくして出会った石となり、お守りとなってくれるでしょう。

上記でご紹介したように、石は持つ組み合わせにより、様々なさらなるパワーを発揮する効果もあります。
今回ご紹介した以外にも、多様な効果のアクセサリーをカスタマイズして、作る事も可能です。
気になる方は是非お店の方で、気軽にご相談してみてください。

お気に入りのファーストパワーストーンを、見つけてみてくださいね。

新着・特集商品

コラム

ロングバナーの説明文

グループから探す

コンテンツを見る