ロゴ main call

美しいパワーストーンの代表!
ラリマー特集

【ラリマーとは】

美しいパワーストーンとして名の知れるといえばラリマー。
ラリマーの美しさは、ほとんどの人が一目で魅入られてしまうような魅力を持っています。
その美しさから、「カリブ海の宝石」と呼ばれています。
正式な鉱物名は「ペクトライト」と言い、その中でも青色系のものがラリマー(ブルーペクトライト)と呼ばれています。ペクトライトとは1828年にイタリアで発見された鉱物で、無色透明からピンク色など含まれる成分によって複数の色合いを持ちます。

 

【ラリマーに伝わる意味】

ラリマーは世界3大ヒーリングストーンと言われており、ヒーリング力が高く、主に精神的な疲れを癒すと言われています。
感情をコントロールする為の力になってくれると考えられています。
怒りや嫉妬などで高まってしまう感情を、「自分でコントロールするんだ」という意思を助けてくれるでしょう。
気分が高まってしまった時には、ラリマーの美しい海模様をゆっくりと眺めながら、心を落ち着けるように意識してみると良いでしょう。
 

【ラリマーの歴史】

ラリマーは発見されたのが1974年です。パワーストーンの中ではかなり新しい石です。
たった30年ほどで、良質の原石は枯渇しつつあります。
ノーマン・ライリングにより、南部のパオル村の鉱山から発見されました。
その時期は、ちょうど世界的に環境保護の動きが高まったころにあたります。
『平和』『自然との共生』というキーワードをもつこの石は、自然環境の保護と人々の意識の芽生えを象徴した石ともいえるでしょう。
1985年、アメリカの宝石商が「カリブ海の宝石」と売り出したことにより、そのネーミングのおもしろさと美しさから次第に人気が高まってきたといわれています。

 

【ラリマーのヒーリング効果】

・愛と平和の石
・人種、環境などを超えた理解
・人の意志を通じ合わせる
・調和と協調性
・潜在意識下のネガティブな意識を洗い流す
・心身のリラックス
・人生に喜びをもたらす
 

【ラリマーの浄化方法・取り扱い】

月光やクラスター、セージでの浄化がお勧めです。
ラリマーは非常に衝撃に弱いので、取り扱いに注意しましょう。
紫外線にやや弱いので、太陽光は避けてください。変色の可能性があります。
流水・塩浄化もなるべく避け、どうしても行うなら時間を短めに、あとで水気や塩気を綺麗に拭き取るようにしてください。



それではここから、ラリマーを使ったブレスレットをご紹介していきましょう。

 

【癒し】


愛と平和の石で、人生に喜びをもたらすと言われているラリマーと、マイナスエネルギーを取り除き、心身のバランスを正す力があるクリソコーラ、良質なコミュニケーションのサポートをし、人と人を調和させるアクアマリンを合わせたこちらのブレスレット。

総じて、仕事での人間関係を円滑にするとともに、心身のバランスを保ち、ストレスを軽減します。
仕事上の人間関係でストレスを感じている人におすすめです。

このブレスレットはこちら
 

【人間関係】


心身をリラックスさせ、意思の疎通をスムーズにするといわれるラリマー。
不安や恐怖心を取り除くアメジストと合わせることにより、総じて、無駄な力を抜いて、
不安を取り除き人間関係を円滑にします。

このブレスレットはこちら
 

【縁結び】


心身をリラックスさせ、人生に喜びをもたらすラリマー。

バラ色の人生をサポートするロードクロサイトと、直感力・洞察力・創造性を高めて縁結びへのサポートするラブラドライトと合わせる事により、総じて、前世からの縁を強め、特に恋愛面でのつながりのある人を引き寄せる力があります。

このブレスレットはこちら
 

【全体運】

悲観的な考えを退け、前に向かって進む積極性を高めるラリマー。

心身の働きの正常化し、恐怖や不安を克服するチャロアイトと合わせる事により、総じて、心の奥に隠された怒りや嫉妬などの負の要素を排除し、全体運の向上に効果があります。

このブレスレットはこちら
 

【結婚運】

人生に喜びをもたらすラリマー。良質なコミュニケーションのサポートをし、
人と人を調和させるアクアマリンと合わせる事により、総じて、お互いの理解と愛を深める効果があります。
新婚さんや、これから結婚する方など、関係を進展させていきたい方におすすめです。

このブレスレットはこちら

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?
美しさと、ヒーリング効果を持ち合わせるラリマー。

もし日々のストレスで疲れて一息つきたいと感じるなら、ラリマーを身に着ける事をおすすめします。
あなたの心を癒やし心身を回復させて、明日へのやる気を引き出してくれることでしょう。
そして、あなたを支えてくれるお守りとなってくれるでしょう。
 

新着・特集商品

コラム

ロングバナーの説明文

グループから探す

コンテンツを見る