ロゴ main call

ジューンブライドで幸せな花嫁になるために。結婚運のパワーストーン



「ジューンブライド(June bride)」とは、古くからヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えのことで、意味や由来については諸説ありますが、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。
また、かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから3月〜5月の結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝福ムードいっぱいだったからという説もあり、日本でも人気の時期となりました。 

日本では梅雨の季節にあたりますが、海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節なので、国内だけではなく、6月に海外挙式を挙げるカップルが多くなっています。 

今回は、結婚運のパワーストーンを特集していきましょう。
 

ラリマー&アマゾナイト


ラリマーは「愛と平和の石」といわれ、人生に喜びをもたらすといわれています。
アクアマリンは「癒し癒される結婚のお守り」とされ、優しく清らかな心を与え、コミュニケーションを円滑にします。
アマゾナイトはホープストーンとも呼ばれ希望の象徴とされていて、心身の均衡をもたらし、目標に向かう積極性を養います。
そして、感受性を豊かにし、理解力を向上させるムーンストーン、
インスピレーションを高め、精神的疲労を和らげる、レインボームーンストーン、
希望の象徴のアマゾナイトが入っているこのブレスレットは、総じて、愛にあふれた幸せな関係を築きたい方、幸せな結婚生活を送りたい方にオススメです。

このブレスレットはこちら
 

ムーンストーン& レインボームーンストーン


ムーンストーンは感受性を豊かにし、理解力を向上させます。
レイボームーンストーンは虹をまとう幸運の石といわれ、インスピレーションを高め、精神的疲労を和らげます。
そして、「人生の悪酔いを避ける石」とされ不安や恐怖心を取り除くアメジスト、
「癒し癒される結婚のお守り」とされ、優しく清らかな心を与え、コミュニケーションを円滑にするアクアマリンが入っているこのブレスレットは、総じて、心を落ち着かせ、持ち主に優しい気持ちで満たし、相手を思いやる気持ちを持てるようにしてくれます。

このブレスレットはこちら
 

ロードクロサイト&ローズクォーツ


ロードクロサイトはバラ色の人生を象徴する最高の愛の石と言われています。
美意識を高める力があるといわれています。
ローズクォーツは持つ人を幸せな愛のエネルギーで満たし、自信を持たせてくれる石です。
そして、女性ホルモンの分泌を高め、美容効果を持つとされているピンクオパール、
永遠の若さと永遠の愛を象徴するムーンストーンも入っているこのブレスレットは、総じて、結婚生活の安定と女性的な魅力を高める力があり、結婚しても魅力的な女性でいたい方にオススメです。

このブレスレットはこちら
 

モルガナイト&アクアマリン

モルガナイトは精神的安定感を高め、何事にもとらわれない柔軟な心を鍛えます。
アクアマリンは深い癒しを与え、エネルギーの滞りをなくします。
透明で純粋な美しさで、見るものすべてを癒すクォーツが入ったこのブレスレットは、総じて、精神的な安定感を高めて、周りの人に対しても優しく穏やかな気持ちで接することができる効果があります。
何事にもとらわれない柔軟な心を持ちたい方にオススメです。

このブレスレットはこちら
 

アクアマリン&ディープローズクォーツ

ディープローズクォーツは身体の疲労を和らげ、優しさと思いやりの心を高めます。
アクアマリンは良質なコミュニケーションのサポートをし、人と人を調和させます。
透明で純粋な美しさで、見るものすべてを癒すクォーツも入ったこのブレスレットは、総じて、夫婦の絆を深める効果を高めます。
末長く広い心で、信頼を深めていきたい方にオススメです。

このブレスレットはこちら
 

終わりに

いかがでしたか?
結婚は、夫婦の新しい人生の門出です。
この日を迎える誰もが、これからの幸せな結婚生活に期待していることでしょう。
今回は、ジューンブライドに因んで、結婚運のパワーストーンを特集いたしましたが、
6月に結婚をする方も、別の時期にする方も、結婚を期にパワーストーンを選んでみてはいかがでしょうか?
きっと今後の結婚生活の強い味方になってくれるでしょう。


 

新着・特集商品

コラム

ロングバナーの説明文

グループから探す

コンテンツを見る